Home  >  Company  >  おすすめ塗料  >  Tateilαシリーズ

プレマテックス株式会社

タテイルアルファシリーズ

フッ素をも上回り「塗るタイル」ともいわれる超低汚染形無機塗料

「タテイルアルファシリーズ」

tateilα1.png
tateilα_logo.png

有機×無機の先進のハイブリッド次世代無機塗料

「タテイルアルファ外壁用」「タテイルアルファ屋根用」

tateilαsuncool.png
tateilαsuncool_logo.png

黒色チタン系遮熱顔料が近赤外線の高反射率を実現、室内の温度上昇を抑制する「タテイルアルファサンクール」。

tateilαbikan.png
tateilαbikan_logo.png

高意匠サイディングの美観と風合いを長期的に守る無機クリヤー塗料「タテイルアルファ美館」

タテイルαシリーズの特徴

超耐候性

ガラスと同じ珪石(石英)を原料とする合成樹脂を採用し超耐候性を実現。

フレキシブル性

無機と有機のハイブリッドにより基材の膨張・収縮に追従。

超程汚染性

雨水が汚染物質を流し落とすハイドロクリーニング効果により超低汚染性を実現。

高塗着性

藻の発生を抑制しカビに対して強い抵抗力を発揮。

難燃性

万が一の火災時にも燃焼しにくい。

“ラジカル”を5つのステージコントロール技術で抑制

紫外線などが原因で発生する塗膜劣化の原因になる「ラジカル」を「5つのステージコントロール技術」で抑制コントロール。
HALS(光安定剤)が発生したラジカルを封じ込め、紫外線などの侵入を厚い無機バリア層がブロックします。

1

発生してしまったラジカルも厚い無機バリア内に封じ込めラジカルの増殖を抑制。

2

3

4

5

HALS(光安定剤)により発生したラジカルを封じ込め増殖を抑制。

厚い無機バリア層で酸化チタン(顔料)の表面をコートして紫外線の侵入を防ぐ。

紫外線吸収剤により紫外線を吸収し熱などのエネルギーに変換して放出。

ガラスと同じ珪石(石英)を原料とする紫外線に強い合成樹脂を採用。

ragikal.png

超促進耐候性試験(スーパーUV)

uv_1.png

超促進耐候性試験(スーパーUV)における光沢保持率80%以上を長期間持続する「タテイルアルファシリーズ」。その年数は、ウレタン樹脂塗料の約2.9倍、シリコン樹脂塗料の約2倍、フッ素樹脂塗料の約1.3倍です。

uv_2.png

防藻・防カビ効果と、雨で汚れを落とすハイドロクリーニング効果

藻の発生を長期にわたり抑制しカビに対しても強い抵抗力を発揮します。

【防カビ性】

boukabi.png

【超低汚染性】

teiosen.png

雨で汚れを流し落とすレベルアップされたハイドロクリーニング効果。

汚染物質と塗膜表面の間に雨水が入り込み、汚染物質を浮き上がらせ、そのまま流し落とします。

タテイルアルファシリーズは塗装後1ヶ月ほどで成膜し、その後発揮するハイドロクリーニング効果により建物の美しさを長期にわたり保ち続けます。

耐汚染性試験

taiosen1.png
taiosen2.png

シラノール親水技術

〈塗装直後〉

塗料樹脂(無機系)にアルコキシシランが全体に混ざっている状態

〈乾燥・成膜過程〉

空気中の水分と反応(加水分解)しシラノールになる

〈成膜後〉

塗膜表層にシラノール層を形成し親水性塗膜となり塗膜全体にシラノールが存在することにより長期親水性を発揮

shira_1.png
shira_4.png
shira_2.png
shira_4.png
shira_3.png

優れたコストパフォーマンスと圧倒的なライフサイクルコストの低減。

一般的に無機塗料のような高性能塗料は割高ですが、耐候性が高く塗り替え周期が長いので、長期的にみればライフサイクルコストは低減されます。タテイルアルファシリーズは優れたコストパフォーマンスと圧倒的なライフサイクルコストの低減を叶えたバランスの良い無機塗料です。

tateil_cycle.png

期待耐用年数は目安であり、建物の立地条件、部位、環境、建材の種類などによって変わります。

詳しくは、メーカーページをご覧ください。