株式会社GLI

​APOLITEC PAINT FINE

様々な機能を併せ持ち、驚異の密着性能を実現

「アポリテックペイントファイン」

アポリテックペイントファインの特徴

超高密着

独自の技術で水性で驚異の密着性能を実現。

​防水性

250%の伸縮を持ち、水の浸入を防ぎ、建物の動きにも追従。

高反射性

太陽からの熱を高反射し、夏の室温低下。

難燃性

一般的な遮熱塗料との比較実験で5倍以上の時間燃えづらいことを確認。

高耐候性

劣化の原因となる紫外線・水・熱を徹底排除し、高耐候性を実現。

水  性

低VOCで塗布する場所を選びません。

高密着

水性トップクラスの密着性

アポリテックペイントファインは、塗料の性能を大きく左右するバインダーに着目し、接着剤などでも使用される独自のバインダー設計を使用することで、驚きの密着性能を実現しています。

【付着強度】

apolitec_jis.png
apolitec_jis5.png

高い熱遮断性

アポリテックペイントファインを塗布した表面は、鏡の役割を持ち、太陽からの熱の90%以上を反射し、熱を室内に入れません。また排熱効果にも優れ、塗膜の熱だまりを防ぎます。

apolitec_sekigai.png
apolitec_netsu.png

高耐候性

アポテックペイントファインは、通常の塗料に比べ紫外線を約3倍の力で反射させます。塗膜の劣化の原因となる紫外線や熱・水を徹底排除し、長期にわたって素地を保護します。

高耐候性テスト動画はこちら

apolitec_hansya.png

優れた弾力性

アポリテックペイントファインは、伸縮性に優れ、防水性能を高め、塗膜内部への水分の浸入を防ぎます。この弾力性により水分の侵入を抑えて、 地震などによる建物のゆれや伸縮によるクラックを防ぐことができます。

apolitec_p1.png

塗膜実験

塗膜のサンプルを作り弾力性の実証実験をしたところ、​7センチの塗膜が20センチ近くまで伸びました。

弾力性テスト動画はこちら

耐火性

アポリテックファインは耐火性にも優れ、およそ1,500℃のガスバーナーで5分焼却しても塗膜が燃焼せず、下地が露出することを防ぎます。

耐火性テスト動画はこちら

apolitec_p2.png

※写真:アポリテックファインと他社塗料とをガスバーナーで燃焼した後のサンプル板

環境にやさしい

アポリテックペイントは水性で有害物質をほとんど含まない塗料です。(塗料中のVOE含有量0.5%)
また高反射性能により、空調使用電力を軽減させ、壁や屋根の蓄熱を抑えることで地球温暖化やヒ ートアイランド現象に貢献できます。

詳しくは、メーカーページをご覧ください。

 

株式会社GLI

APOLITEC G-CAT

使用する場所を選ばない無光反応型光触媒

「G-CAT」

G-CATの特徴

強力分解

触媒の効果によって汚染物質を分解。

超親水性

塗布表面は超親水性になり、雨で汚れを洗い落とす。

抗菌・消臭

空気中に浮遊する菌やウイルス、嫌な匂いまでも分解。

効果長持ち

特殊なスペーサーが、素地と強力に化学結合。

無光反応型

光の届きづらい北面や屋内でもしっかり作用。

セルフクリーニング

アポリテックG-CATは水性で害のある物質を含まず、塗布面でセルフクリーニング・抗菌・空気清浄・消臭効果を発揮します

《汚染性暴露試験-2年経過後-》

表面に排気ガスを吹き付け、屋外で2年放置した様子

apolitec g-cat_p2.png
apolitec g-cat_p1.png

G-CATコーティング面は、汚れの酸化作用と親水効果によって長期間、汚れのつき難い表面を作り出します。

《親水性試験》

霧吹きで青い水を吹きかけ親水性の比較様子

apolitec g-cat_p3.png

G-CATから生成されたヒドロキシ基(-OH)が超親水性を作り出し、雨水が汚れを下に潜り込むようにして洗い流します。

《抗菌試験

G-CAT皮膜に4時間大腸菌細胞を放置した様子

apolitec g-cat_p4.png

G-CATから生成された活性酸素は、菌・ウイルスなどの有害物質を分解し、嫌な臭いまでも綺麗にします。また空気清浄効果も併せ持ちます。

アポリテックペイントに直接塗布可能

apolitec g-cat_ketsugou.png

G-CATに含まれる酸化チタンには、素地と酸化チタンとを結ぶスペーサーの役割を持つ成分が含まれています。この特殊なスペーサーは、アポリテックペイント塗布面と強力に化学結合し、酸化チタンと塗布面との間を繋ぐ役割を果たします。このスペーサーによって、酸化チタンが素地の細孔に埋まってしまうことを防ぎ、活性される表面積を最大限生かします。また、生成されたラジカルが塗布面に影響を及ぼしにくくなり、塗布面の酸化現象も防ぎます。

無光反応型

G-CAT に含まれる特殊なスペーサーは、光の当たらない場所において、熱の力を使いバイブレーションを起こします。G-CAT に含まれる酸化チタンは、このエネルギーによって活性化し、触媒機能を発揮します。この効果によってG-CAT は光の届きづらい北面や室内でも塗布が可能になります。

apolitec g-cat_kasseika.png
apolitec g-cat_tonnel.png

詳しくは、メーカーページをご覧ください。