Home  >  Company  >  おすすめ塗料  >  STUC-O-FLEX

Stuc-O-Flex International, Inc.

スタッコフレックス

クラックを防止する驚異的な超弾性力に加え、防水性・耐火性・断熱性・通気性等の

様々な性能を兼ね備えた米国発の超弾性塗り壁材

「スタッコフレックス」

 

スタッコフレックスの特徴

伸縮性能

​(超弾性性能)

他社に真似できない

ログハウスのチンキング材の技術を応⽤して 開発された製品で、ログの⼤きな伸縮に追随し 超伸縮性を求められるチンキング材の特性を スタッコに応⽤している為、他社製品には真似 のできない伸縮性能を実現しています。

塗厚の約70%幅のクラックをカバーします。 
*塗厚1.6mm=1.1mm のクラックをカバー

耐火性能

​(Aクラス)

ASTM試験

スタッコフレックスは、アメリカの耐⽕性能試 験で合格しており、⽕の広がりを起こしませ ん。

⽇本での防⽕試験認定番号 NM‐1148 です。 
*ASTM 試験は、JIS の基になっているアメリカの⼯業規格です。

​透湿・防水性能

下地材に優しい

スタッコフレックスは、⾼分⼦樹脂の特性によ り防⽔性を持ち、通気性を兼ね備え、外壁の通 気性を保ちながら壁内結露の原因軽減やモル タルやコンクリートの劣化・カビや藻などの発 ⽣を防ぐ作⽤があります。 
*内側からの⽔蒸気は通しますが、外側からの ⽔分は通しません。

その他

ASTM 試験の耐紫外線促進劣化試験30年分相当を問題なくクリア

 

スタッコフレックスが選ばれる理由

1

クラックに強い

超弾性性能により、塗厚の約70%幅のクラックをカバーします。

✽塗厚1.6mm=1.1mmのクラックをカバー

2

紫外線に強い

耐紫外線促進劣化試験30年分相当をクリアしており、半永久的に超弾性力を維持します。

3

通気性があるのに防水系

内側からの水蒸気を通しますが、高分子樹脂の特性により防水性も兼ね備えます。

アメリカで開発された最高級超弾性スタッコ材

​他社に真似のできない伸縮性能を実現。

スタッコフレックスは、ログハウスのチンキング材(丸太のジョイント部に打つコーキング材)で圧倒的シェアを持つパーマチンク社の技術を応用して開発された商品で、そのログの大きな伸縮に追随し超伸縮性を求められるチンキング材の特性をスタッコに応用している為、他社製品には真似のできない伸縮性能を実現しています。伸長率2.05と大変優れた伸び率を実現しています。スタッコフレックスは、その結果優れた伸縮性能により、建物の拡張収縮によるクラックが極力防げます。塗厚の約70%までの幅のクラックをカバーします。

こだわりの最高級・高機能素材で構成

建物を守り、人や環境に優しい。

スタッコフレックスは、純白で不純物を含まないカルシウムサンドと高品質アクリルポリマーから作られています。カルシウムサンドは鉄分を含まず粒子が箱状の為、表面に食いつきやすく伸縮性も格段に増します。施工後の骨材の錆びによる、剥離・ひび割れによる水の浸入などから建物を守ります。また、可塑剤を含まない純度100%のアクリルを、独自の最先端技術によりアクリル本来の耐久性を維持したまま塗料化を実現し、有機溶剤を一切使用しておりませんので塗料独特の嫌な匂いもせず、体にも環境にも配慮された優れた塗料です。

仮_e892c3_25a3b7f48f5d45b67240a019f71b6e2

建物を守り、呼吸する塗料

防水性能と通気性性能を実現。

スタッコフレックスは、高分子ポリマーの特性によって防水性に富んだ上に通気性にも優れ、これにより外壁通気性を保ちながら壁内結露の原因軽減や水分によるコンクリートの劣化原因の軽減にもなります。また、カビや藻などの発生も防ぎます。スタッコフレックスは建物を保護し呼吸する塗料です。

商品一覧

仮_line_1.png

FINE ファイン 骨材(約0.9mm)

●仕上材

●内外装:吹付け・コテ塗り向き

●19L/27kg/缶

●標準施工面積(2回塗り/塗厚約1.6mm) 吹付け:約15m²/缶 コテ塗り:約11m²/缶 

〈清水にて希釈可。〉

〈シーラー処理必須。〉

仮_line_2.png

SAND サンド 骨材(約1.5mm)

●仕上材

●内外装:吹付け・コテ塗り向き

●19L/27kg/缶

●標準施工面積(2回塗り/塗厚約1.6mm) 吹付け:約15m²/缶 コテ塗り:約11m²/缶 

〈清水にて希釈可。〉

〈シーラー処理必須。〉

仮_line_6.jpg

プライムシール

●下地処理材

●スタッコフレックス純正シーラー(水性・無稀釈)

●19L/19kg/缶

●標準施工面積(1回塗り) ローラー:約90〜100m²/缶

〈下地面のゴミ、ホコリ等を除去し、乾燥しているのを確認してから、ローラー、ハケ等で施工してください。〉

〈乾燥時間は約2~4時間。(天候等により差があります)〉

仮_line_3.png

ベースコート

●下地処理材

●外壁補強・目地埋め・下地調整用樹脂モルタル

●23L/27kg/缶

●全面塗り:約15~㎡/缶 ※用途によって使用量が変わります。

                                               例(目地処理のみ or 全面塗り)

〈乾燥時間は約12時間。(天候等により差があります。)〉

仮_line_4.png

6”JOINT MESH TAPE  ファイバーメッシュテープ

●下地処理材

●ファイバーグラス製ジョイント補強テープ

●W=152mm x L=45m/本

〈降雨などで濡れてしまうと粘着力が低下します。〉

 

カラーバリエーション

基本カラーは下の20色となりますが特注調色も可能です。

日塗工・各塗料メーカーの色版で指定して頂ければ数千色のカラーに対応できます。

(特注調色はオプション)

仮_e892c3_f8b4481b4823af351da337bf01ab163
仮_color.jpg

海外の色彩らしく、彩り豊かなカラー満載です。
クリックでPDFが開きます。

様々な施工方法(工程)

1

無塗装サイディング下地(在来軸組工法) 〜目地部のみ処理の場合〜

スタッコ_施工方法_1.jpg

2

無塗装サイディング下地(軽量鉄骨造) 〜目地部の処理及び壁面補強の場合〜

スタッコ_施工方法_2.jpg

3

モルタル・コンクリート下地

スタッコ_施工方法_3.jpg

4

タイル・ブロック・サイディング(凹凸有)下地   〜主にリノベーションでの工法

スタッコ_施工方法_4.jpg

※施工方法・施工上の注意

1.無塗装サイディング下地の場合、目地部のみの処理だと、メッシュテープの厚み分(0.数㎜)が陽の当たる角度によって影が見える場合があります。限りなくその影の発生を抑えたい場合は、工程3のベースコートを全面塗ります。

 

2.リノベーションの場合、下地の状況(劣化度合いや旧塗膜の状況)によって、工程や使用材料が異なる場合がありますので、検討段階に当社にご確認ください。

 
 

スタッコフレックスの施工事例

●外壁

戸建住宅・マンション・商業ビル・工場等、様々な建物で使用されています。

New building
実績写真_NewA01.jpg
実績写真_NewA02.jpg

使用材料:Stuc-O-Flex

カラー :黒MAX(別注色)​

​施工方法:吹付

実績写真_NewB01.jpg
実績写真_NewB02.jpg

使用材料:Stuc-O-Flex/FINE

カラー :#307 Nova White、黒MAX(別注色)​

​施工方法:コテ塗り

実績写真_NewC.jpg
実績写真_NewD.jpg

使用材料:Stuc-O-Flex/FINE

カラー :#330 Almond

​施工方法:コテランダム

使用材料:Stuc-O-Flex/FINE

カラー :#315 Sandstone

​施工方法:コテランダム

Renovation
リノベ_A01.jpg
リノベ_A02.jpg

使用材料:Stuc-O-Flex/SAND

カラー :別注色 イエロー系​

​施工方法:吹付、コテ(扇パターン)

リノベ_B01.jpg
リノベ_B02.jpg

使用材料:Stuc-O-Flex/SANDSAND, ベースコート+ メッシュシート(巾1,000mm)

カラー :#332 Peaches-n-Cream, #340 Light Salmon

​施工方法:ベースコートで凹凸を埋め、メッシュテープ貼付後に再度ベースコートで不陸調整し、吹付

詳しい施工実績はこちら

 

よくある質問

Q1.

スタッコフレックスはどのような塗料ですか?

スタッコフレックスは1981年に米国で開発された世界最初の超弾性仕上材(塗り壁材)で、ログハウスのチンキング材(丸太の継ぎ目部分に打つコーキング材)で圧倒的シェアを持つ親会社のパーマチンク社の技術を応用して開発された塗り壁材です。

水性アクリル樹脂の塗り壁材で、従来の塗り壁の住宅で多くみられたヒビ割れ(クラック)の発生を限りなく抑えます。

Q2.

他社製品と基本的にどこが違いますか?

スタッコフレックスと他社製品の基本的な違いは、

 

1. スタッコフレックス = コーキング材から開発された商品(他社製品 = 塗料の分野で開発された商品)

ログハウスのチンキング材(丸太のジョイント部に打つコーキング材)の技術を応用して開発された商品で、ログの大きな伸縮に追随し超伸縮性を求められるチンキング材の特性をスタッコに応用していますので、他社製品には真似のできない伸縮性能を実現しています。

 

2. 独自配合のアクリルポリマー

他社製品のアクリル樹脂の塗り壁材は、本来非常に硬いアクリルポリマーに可塑剤(かそざい)を混ぜて柔軟性を持たせ、加工をしやすくしています。しかし、可塑剤は紫外線に非常に弱いため、時間の経過と共にアクリルと分離してしまいます。その結果、本来塗り壁材の持つ、耐久性と柔軟性を失ってしまい、建物の動きに追随できなくなり、クラックが発生してしまいます。

スタッコフレックスは、可塑剤を含まない純度100%の独自配合のアクリルポリマーを使用しているため、耐久性や柔軟性を半永久的に維持しています。

Q3.

どのような物質で出来ていますか?

特殊配合された超弾性アクリルポリマーが主成分で二酸化チタン、高純度カルシウムサンドで構成されています。

■ カルシウムサンド(骨材)骨材

配合済みで、純白で不純物を含まないカルシウムサンドを使用している為、化学反応を起こしません。また、箱状の為に分子が安定しており、付着性や防水性に富んでいます。通気性は高いが、防水性も高いのが特徴です。※ 他社は、比較的安価で鉄分を含むシリカサンドを使用していることが多い。その為、化学反応によりサビの原因となったり、球状の為に水の浸入が起こったりする。

 

■ アクリルポリマー

高品質アクリルポリマーの配合により、伸長率2.05%の伸び率を実現。塗厚の70%までの幅のクラックをカバーします。(塗厚1.6mmの場合、1.1mm以内のクラックを表に出しません)

 

■ 二酸化チタン

二酸化チタン配合により光触媒性能が高く、除去率46%。また抗菌性能が優れており増殖しない。※ 二次的要因による汚れ(サッシ・手摺等の板金類の油膜)は付着する可能性はあります。

Q4.

性能で最も優れているところは何ですか?

伸縮性能、付着性能、断熱性能等たくさんありますが、一番優れている点は、やはり他社製品では真似のできない伸縮性です。

Q5.

色褪せに関しては、どうですか?

耐紫外線促進劣化試験(30年分相当)をクリアしておりますので、著しい変色、色褪せ等が起こることはありません。

また、使用している色粉も耐紫外線効果のある色粉を使用しております。

注) 一般塗料と同様に濃色の原色系は、紫外線の影響を受けやすいので退色し易い傾向にあります。

Q6.

基本20色以外の色を要求された時は、どうしますか?

基本的には標準色は20色ですが、希望色が無い場合、他社塗料メーカーの別注色にも対応しております。別注色は、別途調色代が必要となります。調色ができない色もありますので、別注色の場合は、まずはご相談下さい。

Q7.

どのようなテクスチャーが出来ますか?

カタログにもテクスチャー例の一部を掲載しておりますが、基本的に一般的な吹付仕上げはマルチガン、万能ガン(口径5.5~6.5mm)、コテ仕上げは左官コテを中心に各種テクスチャー用のツールを用いれば殆どのテクスチャーが可能です。 

Q8.

どのような下地に塗装しますか?

スタッコフレックスは、シーラー処理を行えば、木部以外の下地に施工できます。

(例)窯業系サイディング、無塗装サイディング(3x10板)、RC、モルタル、プラスターボード、ALC等但し、無塗装サイディングで厚みが14mm未満のモノは、大壁の場合クラックが発生する可能性が非常に高いので避けて下さい。

Q9.

室内の塗装も出来ますか?

室内塗装(吹付け、コテ)も問題ありません。推奨はFineです。

下地処理は、通常のペイント下地(プラスターボード+寒冷紗+パテ処理)です。JIS F☆☆☆☆基準をクリア。防音効果も上がり、室内塗装にも最適と言えます。

Q10.

保存期間はどれくらいですか?

未開封の場合は、2年くらいは問題ありません。

開封後、水を加えて調整後の場合は1年以内に使用した方が良いです。材料の保管は、気温が0℃以上の場所で直射日光を避け、冷暗所に保管して下さい。

Q11.

塗りサンプルを要求された時は、どうしますか?

サイズは通常A4サイズで、

・ 標準色は3枚まで無料で4枚目から有料+送料  ・ 別注色は1枚から有料+送料

* 納期は4-7日程度(工場の混雑具合によって変動する場合がございます)

Q12.

メーカー保証については?

保証につきましては、規定の保管方法、施工要領に基づいて施工され、尚且つ、不具合が発生した場合は、補修に必要な材料の提供致します。保証期間は、工事完了日から7年間です。

 

【保証対象】
保証対象は以下の通りとなります。
1) 目地処理部に著しい目地割れ、塗膜浮き、汚染が生じないこと。
2) 塗材に著しい変褪色、チョーキングが生じないこと。
原則として、以下の項目は保証対象外となります。
3) 所有者による建物のメンテナンスの不備
4) 正常範囲内の風化、退色、微小なクラック、侵食等
5) 不適切な保管又は施工方法
6) 物理的な濫用、下地板の欠陥及び施工不備、建物構造のズレ、漏水等
7) 地震、台風等の天災

詳しくは、メーカーページをご覧ください。